【開催直前インタビュー!】あさか野夏まつり花火大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このイベントに
    いくべ! 3


8月14日(木)に郡山カルチャーパーク付近で行われる「あさか野夏まつり花火大会」。目玉はもちろん、夜空を彩る約1万発の花火。でも今年は、それ以外にも新たな試みをされるそうです。今年のあさか野夏まつりに、どういうメニューが用意されているのか?花火大会を運営されている安積町商工会の登坂さん、石井さんにお話を伺いました。

tosaka_ishii

―いよいよ14日に開催が迫った「あさか野夏まつり花火大会」。
まずは、どういった内容なのか、ご説明いただけますか?

登坂:「あさか野夏まつり花火大会」は、今年で43回目の開催となります。ここ数年は郡山カルチャーパークのほうで開催させていただいてまして、8月14日という日付は、毎年変わらずでやっています。
今年のみどころとしては、まずは屋台の営業を15時から21時まで行います。今回出店数が100店舗ということで、県内最多ではないかと思っています。
次に、例年にはない催しを用意してまして、音楽のライブイベントです。午後の16時から18時まで、3組のアーティストと1組のMCが出演します。あと、17時くらいからはひょっとこ踊りも行います。これは昨年も実施したのですが、郡山の文化や伝承を伝えていこうという試みです。
音楽イベントに関しては、今年ならではの試みですので「試しにやってみよう」といった要素も強いのですが、もし好評であれば、これを機に来年、再来年とやっていければと考えています。「音楽都市・郡山」ということもありますので、花火大会と音楽と合わせての形で継続できればと考えています。
花火の打ち上げは19時30分から20時30分まで実施します。発数は、1万発を予定しています。

「あさか野夏まつり」花火大会の様子(写真提供:安積町商工会)

―1万発というのは、県内だと大規模なほうですよね?

登坂:そうですね。とはいえまあ、須賀川の釈迦堂さんなど、有名な花火大会もありますから。やっぱり釈迦堂さんはすごいです。
郡山市ってのは、私達以外にも富久山、湖南、三穂田、片平など、花火大会をやっているところが多いんですね。須賀川のように、市全体でどーんとやれるっていう形は強いとは思いますけど、郡山は市内のいろんなところで花火大会が見れるというのがあり、それは個人的にはひとつの魅力なんではないかなと思っています。

―昔は開成山の花火大会があって、おそらくそれが市内最大だったのではと記憶しているのですが、それがなくなってから、各地域それぞれの花火大会が盛り上がってきたのではと思うのですが、そういった、いまの状況については歓迎しますか?

登坂:個人的には、そもそも「開成山は開成山、あさかはあさか」みたいな感じだと思っています。開成山はいまはないですけど、いまやっている花火大会に関しては、同じ郡山でやっている花火大会同士ですから、協調してやっていくのがいいと思います。

―運営上、苦労されることはなんですか?

登坂:やっぱり、お金の面ですかね。協賛金を募って花火大会を運営してますので。郡山市からの助成もいただきつつ、企業様からいただく協賛金とあわせる形で、毎年の運営に使わせていただいています。

―震災があったのが理由で、なにか大きく変化したことなどはあるのでしょうか?

登坂:震災があった年は、「花火大会をやっている場合じゃないでしょう」という意見もあったんです。これを機にやめたほうがいいんじゃないか、くらいの声もあって。
ですけど、やはり震災の復興花火といいますか、郡山に市外から避難されてきている方々もたくさんいらっしゃいますし、あるいは亡くなった方への鎮魂という意味であったり…「花火を見ていただくことで、元気になっていただこう!」という意味で花火大会を継続するということが決まったんです。それが今に続いているというのがあると思います。やめてしまうのは簡単ですけど、もう一回始めるのは結構大変ですから。

「あさか野夏まつり」出店エリア(写真提供:安積町商工会)

―花火大会を続ける意義は?

登坂:今言ったような経緯もあって継続が決まって、今年43回目になりますけど、せっかくここまで続いてきたものですから、やっていきましょうという思いはあります。やめるにやめられない(笑)。

あと、お盆の時期ですから、例えば帰省する若い人たちが「この時期に花火大会があるから、郡山に帰ってみようかな」と思ってくれるような、そういう効果も望めればなと考えていますし、とにかくいろいろな人に見に来ていただきたいと思っておりますので、是非皆さん来ていただきたいです。

―動員はここ最近で増えていますか?

登坂:そこまで大きく動員の増減はないとは思うのですが、駐車場はすぐにいっぱいになってしまいますね。毎年、そのへんは変わらずです。ありがたいことに、満員御礼でやらせていただいている形です。

―今後の展開としてはどういった方向を意識されてますか?

登坂:まあ、今回音楽ライブをやるということで、これと花火がううまくマッチするかどうかです。音楽のイベントのほうも発展していければと思います。もちろん花火大会のほうも、内容を充実させていきます。

―今年いらっしゃるお客さんに向けて一言お願いします。

石井:例年、打ち上げ時間の一時間前くらいになると、車も動かないくらいになってしまうんです。
今年は屋台も15時から出ていますし、音楽イベントもありますので、できれば是非お早めに来ていただいて、いいスポットを取っていいただければと思います。
運営側も全力でやります。来ていただいた方が100%楽しめるような、そういう花火大会を準備しています。楽しんでいただければと思います。あと、暑いですので、熱中症にはくれぐれも気をつけていただければと思います。水分補給はしっかりと行ってください。

―ありがとうございました。14日、楽しみにしています。

「あさか野夏まつり」花火大会の様子(写真提供:安積町商工会)

開催日

2014年8月14日(木)

時 間

15:00~(花火打ち上げは19:30~20:30予定)

会 場

福島県郡山市安積町成田 郡山カルチャーパーク付近

詳 細

15:00~21:00 屋台営業
16:00~18:00 音楽LIVE 「真夏の夜空に「オト」を奏でる。」
出演:宮田 / ave / ひとりぼっち秀吉BAND
MC:DJナシモン
17:00~    ひょっとこ踊り
19:30~20:00 花火打ち上げ(10,000発予定)

雨天決行、荒天時は未定
料金: 有料席(4名) 10,000円
駐車場:無料(2,000台)
交通規制:あり(カルチャーパーク内進入禁止)

お問い合わせ

あさか野夏まつり実行委員会(安積町商工会内)
TEL 024-946-2068

郡山カルチャーパーク

郡山カルチャーパーク